2009年1月26日 (月)

世界デフレ都市TOKYO!

<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>■デフレもバブルも統制3法からだけど・・・   2002/10/30</p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p></p>

▲デフレはどこから?

 デフレが顕在化したのは90年代初頭のバブル崩壊からですが、デフレそのものがあったのはもっと以前からだし、デフレ志向そのものはアメリカの倍額に相当する設備投資がはじまった時期でもある東京オリンピック(1964年)頃からだと考えることが可能です。

 その根本には銀行を頂点とするヒエラルカルな構造があります。
 その構造がつくられたのは戦前で、つくったのは企画院。つくった人は1917年レーニン革命当時にモスクワ大学を卒業した日本人Mさん、 Kaさん、Kiさんたち企画院のキレもの官僚さんたちです。戦後、Kaさんは社会党の左派として農地改革を、Kiさんは保守の黒幕的右派として、活躍しました。

 こうやって由来を孝察するとファシズムを成立させた統制3法が現在の日本のベースに(まだ)あることが明白です。戦略的な基本はあらゆるコストを圧縮すること。目標はもちろん強国…。

 そして戦後日本をいちはやく共産主義陣営に対抗させるためにとられた傾斜生産方式とそれを支える世界銀行からの厖大な資本投下。出来上がったのは巨大な「日本株式会社」…。

 所得の倍増がさらに加速度原則的に膨らんだのが土地バブル。
 土地バブルを担保して金融バブルへ。

 政府と自民党が土地関連融資への総量規制を緩和しようとした(当時の自民党小沢幹事長ら)時に反対した東京のスタンスは現在の経済的混乱に対するカウンターであり先取りだったんですね。
 東京の在り方は日本の矛盾を先取りしてるし、日本の犠牲にもなっています。
 東京の価値は、誰でもその歴史的な本源的蓄積をデータベースとして駆使できるコト。地方や外国からいろいろな人々が集まって何かができるところ、です。その巨大な積分の化け物であり超デフレ空間である東京は世界のサンクチャリとしてさらなる集中と集積が図られるべきかも。たとえばアキバはそんな象徴(だった?)なの、かな…。


▲統制3法

 大企業は大きな都市にあります。

 従業員はその都市で暮らさなければいけません。そこで地方出身者が都市で暮らせるようにつくられたのが借地借家人保護法です。安い給料でも暮らせるように借地代借家代を安くし、長期間都市に住み続けられるように借主の権利が保護されました。
 そして安い給料でも食料が買えるように食糧管理法もつくられました。

 これによって東北の農村などから働き手である青年が都市へ移住させられ、大企業のために働かされるようになりました。これへの大きな反発が、「東北の農村が飢えている」状況に憤慨して決起した226のクーデター事件です。天皇の米を作っている農村の働き手が都市の大企業へ奉仕することを余儀なくされているという反乱派の認識は説得力があります。これは農本主義=天皇制ファシズムと資本主義ファシズムの衝突でもあったわけです。同時期に市民階級の立場から資本主義ファシズムに戦いを挑んでいたのが左翼と共産主義です。

 大正ロマンとか大正デモクラシーというのは、人々が経済的に自立し、個人が独立した生活を営むことができる結果としての文化でした。就労年数も平均5年単位で、職を替えることはフツーのこと。株主である旦那衆の亮受した文化ですね。最初の共産党の秘密会議が表向きは株主会として開催されたのはカモフラージュにしても説得力があります。
 政治的にも地方の自治権が強く、財政的にも独立してました。それを都市の大企業を中心とした中央主権的資本主義にシフトさせたのが銀行法です。
 企業の株を持っていても利益が少ないように規制し、個人の株所有を抑制しました。
 そして企業そのものの資金も株式という直接金融ではなく銀行から融資をうける間接金融に誘導しました。企業が銀行の融資で経営されるようになれば、銀行を通じて会社をコントロールすることができるからです。銀行は大蔵省に一元的に支配されるわけで、ここに統制経済の根本的なシステムが完成します。大蔵省をバックボーンとする金融独占資本体制が成立したわけですね。

 いまだに政府が銀行(だけ)を大事にするスタンスは変わってません。太平洋戦争の敗北があっても、これらの銀行法をはじめとする統制3法は最近まで不変でした。行革や構造改革が叫ばれても、この統制経済的なスタンスとシステムの行使には何の変化もありません。それどころか情報関連法などでさらに統制の準備的な手段は強化されるかもしれません。

 安いサラリーでもフリーターでもそれなりに生きて行けるのはいろいろなリーズナブルな物価のおかげ。それをデフレだと批判したり不安を煽りたてる巨大な〝荒らし〟こそ現代の権力の最終的な姿かもしれません。

…なんて考えてみました。

 

2002/10/30
--------------------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)