2012年1月26日 (木)

<総記録社会>というユートピア…『一般意志2.0』

 本書『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル 』はルソーの<一般意志>に触発された本。でも東浩紀さんの主張する<一般意志2.0>を担保するものはルソーではなく、むしろスコット・ペイジの方かもしれない。ペイジは民主主義そのものにとって重要な、大衆の示す属性?に重大な事実を発見したからだ。

 それが本書で紹介されている「多様性予測定理」「群衆は平均を超える法則」の2つ。

 タイトルのルソー、フロイト、グーグルにそれぞれ重要な意味があるけど、民主主義だけではなく社会一般あるいは世界そのものにとって重要なのはスコット・ペイジの発見かもしれない。ペイジの理論はある意味で大衆論や大衆という概念そのものにケリをつけた可能性もある。

           
一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル

著:東 浩紀
参考価格:¥1,890
価格:¥1,890

   

 ペイジ(の訳)のいう「衆愚」が正確な予測を生みだすというのはどういうことなのか? ペイジが属するサンタフェ研究所や複雑系では金融の予期理論なども研究されていて、本書『一般意志2.0』のなかでも<予測市場>などが紹介されている。特別な知識がない一般的な人々でも(つまり専門家でなくても)ある方法である特定の世界の予測ができるというもの。(投資の世界ではある程度知られているかもしれないがサンタフェ研究所では株価の予測システムなどとして成果を生んでいる。日本でも新日鉄の溶鉱炉の制御システムから生まれた金融の予測システム、日立のヘッジファンド向けシステムなどがある)

           
「多様な意見」はなぜ正しいのか 衆愚が集合知に変わるとき

翻訳:水谷 淳
参考価格:¥2,520
価格:¥2,520

   

 極端にいうと少数のプロより多数のアマチュアの方が正しいというもの。最高の英知だと自負している科学者が原発事故を想定できず、地球物理学者が太平洋は広いから津波は拡散して10メートル以上の高さにはならないと理論的に判断し、これらが現在の福島原発事故の原因になっている事態は、歴史的、経験的な事実として日本の各地に記録されている20、30メートルの津波が来たという事実データと比べてコッケイ…。複雑な理論やスパコンによる計算が根本的に意味を成さない、それどころか致命的な陥穽を含む可能性を311は証明してしまっともいえる。他方、人々の生活の環境に刻まれた記憶=データは十分に大災害をヘッジできる可能性があった…。

 東さんが<総記録社会>と呼ぶ近未来?の社会はリアル。部分限定ならすでに現実だし、個人がみんな自分の総カルテみたいなものを総背番号とともにもつようになるのかもしれない。プライバシーの問題とか監視社会だという指摘はあるけれど、そこからの離脱が自由ならOKではないか?と思う。刑務所の外と中のどちらが刑務所かとかディニーランドの外と中のどちらがディズニー的かという指摘はボードリヤールみたいに以前からあった。ただそれがリアルになってきたということ。そこへの参加と離脱という選択が自由ならばそれでいいのでは…ということで究極はやはり自由の問題かもしれない。

      -       -       -

 ステキな一般意志がいっぱい…です!

▲Stairway to Heaven
書評:東浩紀『一般意志2.0』
ひとびとはこの枠組のなかで、宗教的・政治的・文化的な共同体を自由につくることができる。だがそこには、ひとつ大事な原則がある。どのような共同体も、本人の意思で自由に退出できることだ。

▲Living Well Is the Best Revenge
東浩紀『一般意志2.0』http://tomkins.exblog.jp/tb/17552265
「一般意志2.0」がユートピアにつながるか、ディストピアへの道であるかについてはひとまず措くこととしよう。東は本書で「未来の夢」を語ろうとする。ペシミズムに毒された現在にあって、議論の内容はともかく、東の姿勢に私は強い共感を覚えるのだ。

▲サブカル波動関数論
一般意志のネットワーク表現@一般意志2.0
しかしこのTwitterや2chに代表されるようなネット上の膨大な量の呟きから、クリアな一般意志2.0を抽出し可視化する方法を、既に科学は知っている。認知科学と人文工学の境界領域において現在活発に研究が進められている、大量テキスト解釈の研究成果がそれである。

▲読書手帖
『一般意志2.0』東浩紀・著
しかし、私は独創的なアイデアで綴られたこの「エッセイ」をワクワクしながら読みました。これまで「民主主義」や「政治」「国家」について、こんなふうに「夢」をもって考えたことはありませんでした。想像を超える現実に打ちのめされた2011年だったからこそ、想像力豊かに未来を語る1冊に惹かれたのかもしれません。

▲on the ground
哲学的想像力の滞留――東浩紀『一般意志2.0』
本書の立場をより一般的な文脈に接続するなら、情報技術を通じて未組織大衆による利益政治の規律を可能にしようとするものだと言える。したがってそれは、流動性が高まった現代社会における利害伝達経路の再編を図ろうとする「ステークホルダー・デモクラシー」の一部として解釈することもできる。

▲yamachanblog
一般意志2.0と新しい政治メディア(東浩紀と津田大介)
「一般意志」を言語で説明しようとするのが思想であるならば、それを言語ではなく絵や音楽で表現するのが芸術なのかもしれないと思いました。

▲takadat tumblr.
Quote December 08, 2009 88 notes
ニコ動の疑似同期は,みんなが勝手にバラバラに喋っていると,それがなぜか時間を共有しているように感じられる.twitterもみんながひとりごとをバラバラ喋っているのだけれども,なんか議論しているみたいに感じられる.このフィクション感がルソーの一般意志と近い.フィクションとしての議論空間,フィクションとしての集合知.

▲FERMAT
一般意志2.0はなぜ「夢想」から始まるのか。
だから、アメリカでは、このまま、マスメディア2.0の到来を言祝ぐところまで行ってしまうのではないかと思うし、その時、東が夢想する「一般意志2.0」は、アメリカ(あるいはカリフォルニア)でこそ、あっさり実現してしまうのかもしれない(その時は、「トクヴィル2.0」とでも言っていいと思うけど)。
ちょうど、ジュネーブ出身のルソーの記した一般意志(1.0)が、フランス革命という場で現実化したように。

▲憧憬と原景
東浩紀氏の「一般意思2.0」(第7回) 無意識を可視化する装置
ネットという無名性の中で展開される赤裸々な人間の欲望を「生のかたち」で引き出すことが、果たして本当に「一般意思」といえるのだろうか。

▲NEOACA BLOG
東浩紀『一般意志2.0(5月号)』(『本』連載)を読む
危ういと感じる根源は、おそらく、東浩紀の人間観にあるのだと思う。極論すれば、「オタクがオタクのままでいられる社会システムを作る」というのが「人間が未成熟なままでいい」と受け取られるからだと思う。そして、「そういった未成熟な人間=動物を管理・支配する」というのが環境管理に思える。

▲独解、吉本さん
『一般意志2.0』…市場の要素としての<一般意志>?!
アルチュセールならば重層的決定の成果だ。現代思想が流行した頃の言葉でならば<構造>であり、それに対して<一般意志>は<ノイズ>といえる。重層的決定を全体意志とするならば、<一般意志>は吉本隆明のいう重層的非決定とオーバーラップするものだ。

▲ねぼけログ
対話の限界と、その先にある新しい民主主義@『一般意志2.0』
実践的・具体的なイメージを刺激する内容で、非常に面白く読了しました。『動物化するポストモダン』から10年が経ち、東の社会に対するスタンスもまたアップデートされている。本書を通してそれを読み取ることができるように思います。そこも読み所のひとつではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月31日 (土)

96、97年ピーク以降下落し続ける理由…『デフレの正体』

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●全数調査データによる圧倒的な事実!

 2011年の元旦、日本のこれからを考える経済番組で希望や可能性を語れる論者として紹介されたのが著者のマスメディア初登場。バブル崩壊後は大部分の論者が政治や社会を批判するばかり、そうでなければ意義不明の御用学者…という情況の中での新鮮な登場。日本全国ほとんどの自治体を歩いて回った著者の説得力ある主張にメディアが注目したのでしょう。現場からの見解であり、参照するデータも全数調査でもれがない全国規模のデータばかり。何らかの理論や先入観による言説ではなく全国の現場を直接見て、全国規模で長期スパンのデータとつき合せて考えられたのが本書の内容です。

           
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

著:藻谷 浩介
参考価格:¥760
価格:¥760

   

 本書のベースになっているデータの特徴は以下

  ・ソースはネットで公開されているものだけ
  ・全国調査のものだけ
  ・数値は絶対値のものだけ
  ・スパンは長期のものだけ

 『デフレの正体』で扱われている数値は全数調査のものばかりで調査対象の漏れがありません。全国を範囲とし対象となるもの全てが把握されている数字です。マーケテイングという名目で限られた範囲しか調査していないものとも根本的に違います。しかも変化率や対前年度比などの相対的な数値ではなく、個別の絶対数を長期にわたって把握したもの。それは事実を見るという一点にフォーカスしたスタンスのものです。
 統計値といいながら率(確率・変化率)しか見ない近視眼的な評価は除外されています。統計の本来の意味は揺るぎない絶対値を把握することであってスパンを限ったナントカ率で思考停止に陥ることではないからです。

 20年間も景気が浮上しないという事実から、基本的に既存の経済のあり方が通用しなくなってきていることを念頭に現行?の経済学にも否定的です。まず現実を把握する…そこからノンジャンルで思索している著者は長期スパンで全国規模のある変化があることを発見…それが「人口の波」です。

●96、97年をピークにすべてが下降へ

 経済産業省の商業統計をはじめ、書籍・雑誌の売上、貨物総輸送量、旅客輸送量、ビールの販売量、1日あたりのタンパク質の摂取量や水道使用量…など多くの統計から導き出された共通の傾向があります。96、97年をピークに減少しはじめたという事実です。これこそが「人口の波」に影響されて変動する経済をはじめとした変化の現れでした。コンドラチェフの波以上にリアルなのは確か。

 小泉竹中路線の構造改革で格差が拡大した!という批判がよくあります。経済的に期待されたトリクルダウン効果がなかったのが原因ですが。そのいちばん大きな要因が「人口の波」だったのを著者はデータから読み取りました。私見では97年橋本内閣による消費税増税が、ようやくバブル崩壊から回復しそうだった景気の芽をつぶしてしまった事実はとても大きいと思いますが、もっと根源的な原因が「人口の波」だったのです。

 著者がマクロ理論に対して挑発的なスタンスなのは確かですが、ツラレた人間が多いものも確か。本書に対する「経済学的には、誤りだらけの本です」という経済学信奉者からの批判は、逆に経済学(その信奉者にとっての)が誤りだらけだということを証明してしまっているかもしれません(バブル崩壊以降の失われた20年間のあいだ無力だった言説(経済学?をはじめ)は無能無効であることは否定しにくいもの。すべてが日銀や政府だけの責任であるわけもなく、そういう状況下でまず的確な現状認識を示した本書は貴重です)。少なくともそれは私が知ってる経済学(剰余価値や限界効用といった価値を追究する学問)とは違います。本書のようにフィールドワークによって現実を直視した見解と、帳簿と簿価は普遍かつ不変だと思い込んで三面等価理論やマクロ経済学を教条としてしまっている立場と、どちらを一般の読者は評価するでしょう。50万部を超えて売れ続ける本書が照らし出すのは不況の現況や原因だけではなく、ネットで顕在化するイタイ言説や歪んだ認識の多さでもあるのかもしれません。

●理論ではなく現実をみる人たち(当たり前だけど)

 『デフレの正体』の特徴は繰り返しますがデータが全数調査、全国規模、長期間の変化というもの。全国規模で大きく長い変化を反映したものだといえるでしょう。
 本書が提起した「人口の波」の問題と関連する経済学上の考察が「世代会計」。この「世代会計」に基づいた本が『この国の経済常識はウソばかり』(トラスト立木)です。 重要なのは基本となる公的なデータ。そのデータを作る官僚の立場にいた著者の『ワケありな日本経済ー消費税が活力を奪う本当の理由』(武田知弘)は大企業の莫大な社内留保金についても言及している唯一の経済書かもしれません。日本のバブルとアメリカの関係など興味深い見解もあります。
 以上の3冊はバブル崩壊以降の日本の社会・経済をめぐる状態について現実を直視した必読の本。ナゼだか3名とも経済学者ではありませんが…。

 経済の大きな動因ともなる政治的なファクターも含めてグローバルなレベルから日本と世界を俯瞰しているのが『超マクロ展望 世界経済の真実』(水野和夫、萱野稔人)。イラク戦争がドルをめぐる戦いだったこと、日経平均株価がアメリカに左右される理由などラジカルな見解が続き、また3.11へ臨んだ日本人の姿勢に世界に冠たるものになる可能性だどが類推できる内容になっています。

 『デフレの正体』をはじめ以上は理論ではなく現実を直視するためには必読の4冊です。豊富なデータを読むだけでもためになります。また数値だらけのような読みにくさもありません。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

スルドイ書評で人気のweb「404 Blog Not Found」のコメントが「人口の波」などについても参考になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

<家族>と<地域>のギャップ!?

「朝まで生テレビ」(2月4日放送)で「国民の2つの義務」として「納税の義務」と「国を守る義務」が問われました。ホリエモンが国を守る義務はないと発言し、紛糾?するなかで国会議員が発言。

齋藤健さん(自民党議員)が国を守る義務や大切さを説くために「家族があり、そして地域があり…」と個人(の存在)から空間的に領域を広げていく(遠隔化する)形で(たぶんパトリオシズム的に)国家と領土について(守る必要性を)語ろうとしました。

これに対して東浩紀さん「家族と地域の間には飛躍がある…」と指摘。家族と地域は同一に語れないということでしょう。これは番組内で唯一の本質的な価値がある発言でした。

地域をベースにしたパトリオシズム的な発想は左翼的?な反発も少なく“ご近所”や身近なコミュニティとオーバーラップさせて推しやすいもの。ローカルな自然やエコとのカップリング、地産地消などの経済的なテーマともリンクしやすく、政治的にも地方や分権のトレンドと合致します。また日本のように国土のほぼ全域が居住可能な環境では説得力をもちやすいイデオロギー?でしょう。だからこそ逆によく考えることが必要なのが地域の延長に国家があるような発想です。自治の最小単位でもある“隣組”が戦前の日本のファシズムを支えたという認識は無視できるワケではありません。{以前NHKの討論番組でただ独り宇野常寛さんがこのことに触れていましたが…}{2人の人間が出会えばそれだけで権力が生じることを論証(予期理論)した宮台真司さんの指摘はファシズムなどの根源も押さえていて重要です}

      -       -       -

●家族と地縁は同質?ではない

 地域での関係性と家族の関係性は全く違うもので、地縁と家族(血縁)という関係は同一の論理で語れるものではなく、『共同幻想論』はこの<同一の論理で語れない>ことそのものを日本における国家論の前提とする認識です。(無理矢理同一の論理で語ろうとするのはファシズムや強権のタネでしかありません)

 <同一の論理で語れない>ということの解の第一歩は、<複数の論理の錯合>として把握することでしょう。

 共同幻想論は歴史や資本論におけるアジア的(生産様式)という概念に日本においては<複数の論理の錯合>を見出して探究し、アフリカ的段階はその前段階であり基礎ともなる自然環境における関係性を解いています。

  わが初期国家の専制的首長たちは、
  大規模な灌漑工事や、運河の開削工事をやる代わりに、
  共同観念に属するすべてのものに、
  大規模で複合された<観念の運河>を
  掘りすすめざるをえなかった。
  …
  そこには、
  現実の<アジア>的特性は存在しないかのようにみえるが、
  共同幻想の<アジア>的特性は存在したのだ、…
(*『共同幻想論』から考える

 

 家族と民族の関係はグラデーションであっても家族と地域は簡単に連関するものではありません。大澤真幸さんが血縁からの離脱が国家の始まりだと共同幻想論から読み取ったように、地域というフレームそのものが家族や民族のベースにあるものとは乖離していて、その度合いそのものが進歩の度合いにも比例します。逆にいえば土地への関与の強さや執着は原始的な度合い比例するもので、アフリカ的段階では土地そのものでもある自然環境への対応を関係性に照応させる観念の在り方が考察されてます。

  吉本にとっては、国家の最小限の条件は、
  共同幻想が、直接(血縁的)関係から独立に現れること、
  である。
(*共同幻想論大(澤)?解説.2



      -       -       -

           
思想地図β vol.1

編集:東 浩紀
参考価格:¥2,415
価格:¥2,415

   

『思想地図βvol2』ではホリエモンも登場するようです。今回の朝生TV関係の突っ込んだ話が読めるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

「一週間de資本論」&「超訳『資本論』」

好評?だったらしいNHKの「一週間de資本論」。講師はマルクスオタクの的場昭弘さん。ワープアや世界不況、金融破綻からマルクス本ブーム?資本論ブームといわれだした中でそのブレークのキッカケの一つが的場さんの本「超訳『資本論』」。資本論のガイドや入門書はいくつもでているけど「超訳『資本論』」は偏りのない解釈と現実の具体例を多く反映させたことで注目されました。さらに重要なのは、ここなりにプッシュすると世界経済の混乱の解決の可能性を世界そのものに見出そうとしているのがこの本。個別国家の解消とEU全体の統合を目指してきたジャック・アタリが「一週間de資本論」のオープニングとエピローグに登場したのも同じ理由です。

「経済とはモノを媒介にした人間関係だ」と経済学の講義を受けてきた自分にとって「超訳『資本論』」の「資本主義とは、人間関係である」という指摘は親近感があって反経済反資本主義という流行や新たな信仰のなかでますます新鮮な感じがしたりします。

さらには<すべての関係は意識である>と資本主義からサブカルや恋愛までも射程している吉本隆明さんの幻想論上部構造論=共同幻想論の進化版?だという事実は、いまこそ納得できる感じも。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●現在を「知る」ためという一点で書かれた本。「知った」後は…どーするか、が問題?

 最近の書店の隠れヒットがマルクス本。本書はニューアカブームの仕掛人(『構造と力』のプロデューサー)でもあった今村仁司『マルクス入門』とともに評判の入門書だ。いかなる解釈も解釈者の能力やTPOに規定される(党派的な限界でしかない)が、本書は分かりやすく現在の状況をも反映したものになっている。現実の具体例を多く反映させた資本論の後半(の記述の仕方に)にウエイトを置いているからだ。

 ワーキングプアはずっとワーキングプアでしかないことが示されているが、絶対窮乏化論がこんなにカンタンに示せるコトを評価すべきだろう。専門用語の羅列は識者の自己満足でしかないし、タームの理解を独占しているかのように見せかけることによる脆弱な立場の維持でしかない。ホントに理解していればどんな難しいコトでも誰にでも理解できるように簡明に表現することができる。プロという立場を保身するための専門用語は必須ではないハズだ。

 現象を語り事実を修飾する文化の特徴そのままにさまざまなコトバが生み出されるが、マテリアルでテクノロジカルな事実は、たいがいシンプルで誰にとってもリアルだ。
 たとえば失われた10年以降のコギャル、少年犯罪、ひきこもり、ニート…これらのどこがどのように問題なのか? 問題の側面は語る者によってさまざまだが、最終的に解決すべきコトは一つに収斂するハズで、それは経済的な問題だ。ずっとサヨクが訴えてきた単純明快なテーマであり、最初で最後の問題が、コレだ。

 いよいよオカシクなってきた社会や経済を目の当たりにして、ニート対策のような政策で対応しようとする対症療法はいくら積み上げても最終的な解決にはならない。

 本書は何気なく、しかし本気で、その最終解決への認識の糸口を提供しようとしている。それが階級闘争への自覚だ。「今という時代を知るために読む。この一点だけで読みます」と『資本論』紹介を目的とした本書のスタンスが表明されている…しかも、その『資本論』は「階級闘争の書です」…なのだ。

 資本主義のシステムや価値の形態を語ること(のみ)で現実とのマテリアルな接触を回避し逃避してきた各種分析理論は、ケインズ理論のように政権与党によって現実に駆使され成長し鍛錬されてきた理論とは違って、ただタームを列挙する言葉遊びそのままに呆られるタイミングを待つだけになっている。
 リアルに泥まみれになれない、科学を自称する○○理論などとも違って、本書は正統サヨクのセントラルドグマである剰余価値説あるいは労働価値説を簡明に解説し生産(労働)の価値と交換(市場)の価値のギャップが隠蔽されるところに問題があることを示唆している。

 リアルで説得力があるのが…資本主義が国家を超える独占を形成し、そういったグローバリズムの世界的な拡大が、やがて大きな変化を意外に早く招くかも…という指摘。それらを支える基本認識こそ「資本主義とは、人間関係である」というグレート?な断定が圧巻だ。
 真っ当なサヨクの認識ツールの登場となるか? 本書にはさまざまな読まれ方、利用方法が期待されるだろう。

(2008/06/21)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

           
超訳『資本論』 (祥伝社新書 111)

著:的場 昭弘
参考価格:¥882
価格:¥882

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

「一週間de資本論」&資本論はテキトーか?

昨日は「一週間de資本論」の再々放送があったとか…

  マルクスは、シャトーマルゴーといった高級ワインを日頃飲んでいる人なんです

マルクスが日頃から馬術、拳銃、ワインなどオタク的な趣味の人だったことを的場さんが披露。森永さんの「マルクスっていい人ですねえ」の一言が印象的でした。恋愛で決闘したことやお手伝いに隠し子を産ませたことは披露されませんでしたが…。さらにワインについて言及すると資本論の理論が崩壊するから、というようなことをマルクス自身が示唆していた?こともコメントされました。

ココなりのタネあかしをすると、資本論が理論として成立する範囲内で理論化した…というのが資本論の基本的なスタンスになります。これは理論や思想の評価水準、表象の仕方がTPOで異なることを考察した『ドイツ・イデオロギー』や、マルクスの歴史観そのものでありスタンスです。また資本論の諸概念の一刀両断的な措定はエンゲルスの働きだったと思われますが、資本主義のモデリングには効果的だったかもしれません。

物質的な基盤の発展ではなく、それにともなう文化や言語や思想や感性の変遷そのものがマルクスの興味であるのはマルクス自身が述べています。

       -       -       -

マルクスがお気に入りのワインや、森永さんが集め続けて10万個にもなったミニカー、一体で10数億円もする村上隆さんのフィギュアなどは特殊商品であり、そういった特殊商品はマルクスが理論化を回避?したということみたいですが…。いちばんの特殊商品である貨幣については、その価値が追究されているのは資本論だけかもしれません

不足に備えての用意だった商品のストックから、やがて何にでも交換できる商品としての貨幣が登場します。この解釈はアダム・スミスからのものですが『ハイ・イメージ論』でその解説がされています。

このアダム・スミス的な認識の延長からは、貨幣は<価値の予期>であるという定義が可能です。あるいは商品の予期としての貨幣が措定できます。

商品が足りなくなる無くなってしまうことへのヘッジとして商品がストックされ、時間的な問題が解決します。さらにはストックの交換可能性を空間的に無限遠に広げるものとしての商品の抽象化=貨幣の産出・生成が考えられます

番組では(解釈の一つとして)資本論では特殊な商品である金が貨幣になったと解説されます。そもそも金に価値が見出された由来そのものがあらゆる商品のヘッジだったはずです。

ヘッジファンドがグローバルマネーのコアであることは確かですが、そこにメガトレンドを見いだせるかどうかを問われるのが現在でしょう。何かを見出すとはもちろん認識力であり思考能力です。

       -       -       -

マルクスをめぐる評価はいろいろありますが、もっとも基本的な評価は『資本論』の資本主義分析は的確かどうか?というもの。具体的には労働価値説や剰余価値説の問題、資本主義の限界と共産主義という解決?の問題などいろいろあります。

労働価値説や剰余価値説を否定するのに援用されるのが効用価値説ですが、主観的であり数値化、客観化が困難です。そもそも生産のコストを数値化しようとする労働価値や剰余価値と消費と享受の実相を測ろうとする効用価値は比較可能なものではありません

生産と消費における価値のカップリングが資本主義全体における価値であって、労働価値と効用価値を別々に取り上げ対立するかのように考えるほうがオカシイのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

「一週間de資本論」&ジャック・アタリ

NHK「一週間de資本論」のオープニングがジャック・アタリでした。フランスの経済学者として紹介され「Jacques Attali 『Karl Marx』」の著作の映像とともに彼のコメントから番組はスタートします。(『Karl Marx』は伝記?)(*再放送はいつだろう…)


  マルクスの考えが今ほど的確である時はない

  マルクスを読まなければ21世紀は理解できない


アタリは左翼ミッテラン政権の大統領顧問を務め、右翼サルコジ政権でもアタリ委員会を主宰。ミッテラン時代からEU統合のイデオローグとして活躍し欧州復興銀行総裁などを歴任。現在はプラネットファイナンスの代表としてマイクロファイナンスソーシャル活動の立役者。資本主義分析ではすべてを情報に換算し、その<交通>から社会を考察するなど先駆的なマルキストでフランス最高の知性ともいわています。

最終回にもジャック・アタリが登場します。今度は「フランスの思想家」と紹介され、仏語版の『21世紀の歴史――未来の人類から見た世界』をもったインタビュアーにアタリが答える映像で、彼は問題の提起と解決への希望を示していています。


 ― あなたは著書の中で将来破局が訪れると述べていますね?

 破局を避けるのも突き進むのも私たち次第です。
 どんなに困難でも今から回避する方法はあります。
 そのためには世界の市場を正しいバランスに保たなければなりません。
 市場のグローバル化とともに
 民主主義政治もグローバル化しなければならないのです。

 ― 資本主義は生き残ることができますか?

 秩序がなければ資本主義は崩壊してしまいます。
 資本主義がグローバル化したとき世界政府がなければ生き残ることはできません。
 現在の資本主義は不平等を増しています。
 誰もそれを改善していないのです。

           
21世紀の歴史――未来の人類から見た世界

翻訳:林 昌宏
参考価格:¥2,520
価格:¥2,520

   

       -       -       -

           
一週間 de 資本論

著:的場 昭弘
参考価格:¥1,050
価格:¥1,050

   

番組「一週間de資本論」は「通称マルクスオタク」と自称する的場昭弘さんをメインコメンテーターに毎回ゲストを迎えて討論。全4回シリーズとしてマルクスの『資本論』の現代の資本主義への認識が的確であるかどうかを巡って議論されていきます。的場さんの著書「超訳『資本論』」にも資本主義が国家を超える独占を形成しつつあグローバル化にこそ解決の契機を見出そうとするスタンスがあり、アタリとの根本的な共通項になっているようです。もともと『資本論』は経済学への批判であり副題は「経済学批判」です。その意味するところは深く大きいといえそうです。


  第1回「資本の誕生」
     ゲスト 森永卓郎 (経済アナリスト・獨協大学教授)

  第2回「労働力という商品」
     ゲスト 湯浅誠 (NPO 法人自立生活サポートセンター・もやい 事務局次長)

  第3回「恐慌のメカニズム」
     ゲスト 浜矩子 (同志社大学大学院教授)

  第4回「歴史から未来を読み解く」
     ゲスト 田中直毅 (国際公共政策研究センター理事長)

           
超訳『資本論』 (祥伝社新書 111)

著:的場 昭弘
参考価格:¥882
価格:¥882

   

       -       -       -

 アタリは今回の金融危機をめぐりグローバルマネーへの規制を主張していますが、この点ではドイツの代表的な論者やアメリカのガルブレイスからは批判もされています。市場を規制してはならないということです。合成の誤謬という面から考えても、市場は関連する他の市場や無数の共同性(体)との間でコーディネーションの失敗を産出する契機ですが、それは市場そのもののせいではありません。市場や共同体の参加者、構成員の自律的責任に帰する問題が市場で露呈するにすぎないからです。この意味ではサンデルのように「正義」を語る意味はあるでしょう。

 サンデルの「白熱教室」を「機能主義!」と切って捨てた人がいますが、それはそのとおりで、だからこそ議論し続ける必要があることも確かでしょう。欧米哲学やあらゆる論理は単に機能(主義)にすぎませんが、ツールやギアはそうやって使われることに価値があり、そういう思想や理念があることも確かです。それを上手に使いこなすことこそ人間が目指すことでしょう。(使われちゃうと悲劇ですが)

 立場を超えて納得できるマルクスの言葉に“人間は解決できる問題しか提起しない…”というものがありますが、この楽観性はマルクスをよく読んでいるグローバリストやネオコン、ネオリベの人たちからこそ感じることがあります。最近ではジジェクのような共産主義のエバンゲリスト?もポストモダンの共産主義――はじめは悲劇として、二度めは笑劇として』ゲバラのような楽観主義を語っていたりして元気ですね。

           
ポストモダンの共産主義 はじめは悲劇として、二度めは笑劇として (ちくま新書)

翻訳:栗原 百代
参考価格:¥945
価格:¥945

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

<失われた10年>の消費者は?

<失われた10年>とはまさしく失った人たちの物語であって、全員の物語ではなかった…。世界が不況の現在でも、世界でベンツほか超高級車が売り上げを伸ばし、日本でも1億円以上の投資マンションが人気で、アウディの売り上げも伸びています。はずれたのはクルーグマンだのリフレ派だのプロ?の予想や期待であって、確信(犯)的?なパンピー=消費者には致命的なショックはまだ顕在化していません。『下流社会 新たな階層集団の出現』「両極化」といった現象は確かでありながら、だからこそ消費を継続している人たちも相当数いて、90年バブル時よりランボルギーニの数が増えていたりする東京ミッドタウンあたりを眺めても…一律な判断はできないことを示唆しています。もちろんそれらは多くても3、4割程度の人たちだけでしょうが。これは90年バブル前後でいえば年収800万円以上の人たちの消費は伸び続けているという事実があり、逆に『新・階層消費の時代―所得格差の拡大とその影響』では800万円以下は下層(階級)化することが85年時点で予測されていたという事実があります。

90年代初頭のバブル崩壊後94年に『新ぜいたく主義宣言』という本が出ました。<失われた10年>に関する考察では(経済(学)関係を別にすれば)消費者にリアリティがあるものとして貴重な探究です。バブル崩壊しちゃったけど積極的な消費は止まらないだろう…という内容で、3割の人が「クオリティ確信派」として消費し続けているという調査と今後消費し続けるだろうという予測でした。これは当たりました。まだインターネットもなく一部の人たち(コアは数万人?)がパソコン通信をしていただけの時代にこれだけの予期を可能にした調査検討というものもスゴイなとも思います。

 

  高度大衆社会に対応した「リーズナブルな」ぜいたく、
  そして、真の「こころの満足」が達成されるぜいたく、
  さらに環境問題をはじめ、「地球的制約」を与件として組み込んだ、
  「新しいぜいたく」の探求となるに違いない。

  いわば、「新しいぜいたく」の体系的追求が
  産業社会の生き延びる道にほかならないのである。

 

執筆したのは電通総研。さすが広告屋さんのコトバ。消費者との接点にいるだけにズバリ当たっていました…。

 

「バブルの理由?2」で書いたようにバブルが構造化している先進国では消費者が決定権をもっています。しかしそれは自覚がないために<重層的非決定>なかたちの決定権であり、ヘーゲル的な意志ではなく、超高度資本主義=消費資本主義的な膨大な商品アイテム数のように散逸(冪上化)したかたちで発現します。ポスモダ論議?でいわれてきたオタクや若者をとらえて〝象徴界が機能し(て)ない〟ということの本質は、こういうことではないでしょうか?

本来的に{<買う>か?<買わない>か?}という受動態でしかない消費者の意志の発現が決定権をもつことはH・ルフェーブルらが70年代(たとえば『都市革命』)から指摘していました。しかし決定(権)=権力は生産サイドにあるという発想と認識は経済(学)でも政治でも長く続いてきています。

 

池田blog「「失われた10年」から学ぶべきこと」に経済学者も混乱する「失われた10年」への評価(特にどう脱却したかについて)がコンパクトにまとめられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

貧困ファンドは究極のトレードオフ?

情報を知らないで、不安なまま世の中を見ると、「資本主義はヘン」とか「市場はオカシイ」になってしまいます。情報に自由にアクセスできるのにそうだとすれば、「ヘン」や「オカシイ」のは、その人そのものでしょうけど。w
情報が公開されていれば資本主義は正常?に発展していく可能性の方が高いです。あらゆる問題の根源にあるのは情報が公開されていないこと? つきつめるとそれはトレードオフに関する情報に関して、です。最貧困層への融資でも利益が上がるほど資本主義は発達してきているのでトレードオフに関して否定的であったり、費用対効果の情報を提供しないのは犯罪的でさえあります。特に政府や230兆円の留保金を抱え込んだままの大企業は。

●ハンパな資本主義がヘン!

  資本主義(capitalism)が悪いんじゃない。
  資本主義が半分しか完成していないのが問題なのだ

  資本主義の解釈が狭すぎるのが問題なんだ

404 Blog Not Found「ムハマド・ユヌス語録」にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏の来日時のコメントが即日掲載されていました。小飼氏の訳です。)

 貧困を救うファンドは世界の常識になりつつあり、グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏はノーベル平和賞まで受賞しました。フランス左翼政権の頭脳だったジャック・アタリ氏は今やサルコジ政権でも活躍。この個別国家解消を目指してEU成立に奔走したヨーロッパ最高の知性のアタリ氏も、プラネット・ファイナンスという貧困解消のVCは草の根からというファンドで頑張ってます。貧困解消のためにネットの無線通信端末を配布するBRAC-NETや、年に500億円を貧困層に融資しているBRAC-BANK。あのジョージ・ソロスも100億円単位の寄付を行ったりしています。こういったソーシャル・ビジネス、公益資本主義とかCSRの高まりという実効性ある現実の解決だけが意味や価値があります。これはまさしく資本主義と市場の発展の大きな成果ですね。

           
働かざるもの、飢えるべからず。

著:小飼 弾
参考価格:¥1,680
価格:¥1,680

   

●健全な資本主義は早くも回復!?

 本日もCNBCのニュースによるとゴールドマンサックスがGOODです。

   業績が予想の倍以上
   減配なし
   公的資金の早期返済へ
   1か月で3割りの株価上昇

サブプライムローンという手続きからしていかがわしかったものにタッチすることなく、この金融危機、経済危機下でまっとうな投資活動、M&A、ヘッジファンドの取り扱いといった業務をこなしているGS。金融経済という名の<マネーでマネーを買う>つまり<信用で信用を買う>、つまるところ<相手を信じる…>ということを究極のよりどころとする信用資本主義そのものであるファイナンスを体現する一角を占めています。

日本国内で誰も再建を請け負わない見捨てられた破綻企業を、日本の企業に代わって請け負った外資はハゲタカといわてきました。しかし、有名外資の管理下で首切りが行われた事実はありません。黒字化して日本企業へ転売された後に首切りが行われるのが現実です。

●邪魔なのは何か?!

230兆円の留保金も持つ日本の大企業がやっていることは下請け企業をピンハネし、派遣を切り、取引先の倒産を眺めることです。外資と比してどちらがまともなのか…。そしてそれを眺めているのが政府と官僚…?

貧困層へ莫大な投資を続けシリアスな現実を知り尽くしているノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏はいいます。

  政府は何でも作れるが、いったん作ったものを壊せない

国家という形態をとる以上はこのラジカルな問題が続くと思われます。なぜなら国家という共同幻想は個人の不安な心理に立脚した〝不安を解消するための自己生成するシステム〟「<不況>と<不安>が生むもの」参照)だからです。不安を解消するためにトレードオフされているのはイメージで、これは自己創出されます。リソースとして客観的な情報を与えないとこのイメージは歪み、病理的には妄想となります。これが不安な時の排外・排他主義、国家主義・民族主義です。あるいは日常でも小さな差別やKYとして発現します。

 

池田blog「トレードオフを否定する人々」でトレードオフを否定?する代表例として政府の景気対策があげられています。景気対策の費用を明かさない(当然発生する費用について情報提供公開しない)という究極のトレードオフの否定。実際のあらゆるトレードオフ(選択)に関わる問題の多くが「情報が公開されない」ことなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

マイクロソフトが売れた理由

●値段は10分の1

 かつて先行するDR-DOS(デジタルリサーチ社のOS)を追い落としてビル・ゲイツ(MS社)がMD-DOSの売り込みに成功した理由はカンタン。
 「値段はDR社の10分の1でいいですよ。」というゲイツの売り込みがあったから。
 こうしてビル・ゲイツは正々堂々とその市場で独占的な地位を築いたわけですね。

 まもなく日本でもDR-DOSは数か月で駆逐され、MS-DOSの独壇場となり今に至ります。たしかDR-DOSはVer6くらいまで出たと思いますが、すでにMD-DOSの圧倒的優位は変わらず、MS社がPCのOSを独占的に占めました。

●使いやすさ&コラボ

 次のWindowsでも同じ。
 〝窓〟をもち、マウスで操作するOSやシェルは他にもありました。日本でもJustウインドウやダイナウインドウなどはある意味先行していて世界初のスクロールバーがあったりしました。そのダイナウインドウを日本で購入して持ち帰ったのがMS社の研究員。その後発売されたMS-Windowsにはスクロールバーがつき、操作性が断然よくなって普及開始。 Windows3.1からPCのハードの圧倒的な性能向上もあってWindows95がブレイク。時代はWindowsへとシフトしました。ウインテルといわれたマイクロソフトとインテルの蜜月がPCを進化させ、それをベースにインターネットもスタートします。

●internetは政府の強力なバックアップ

 バブルの頃、通信ではNECと富士通の技術者用だったパソコン通信(電話回線)が一般向けに商用となりインターネットに先行していました。まもなくNTTが医療関係のデータ(レントゲン写真やカルテ)通信を企画し、それを知ったアメリカのゴア副大統領は国家安全保障会議の承認のもと国防省のコンピュータ通信回線とプロトコルをインターネットとして一般向けに開放することを決定します。NTTの計画を知って半年後にはアメリカはインターネットの基本回線を「情報ハイウエイ」として発表したわけです。このスピード、国防省の協力、国家安全保障会議におけるネットとプロトコルのバッククップ…。

 そしてネットが要求したのが通信の性能向上。ブラウザーのモザイクが当初から画像に対応していたために画像の転送スピードが問題でした。また日本では(特にNEC)はアルファベットの倍の情報量をもつ2バイトコードである日本語(文字)の表示のためにPCの性能アップに迫られました。そのためPCではないワープロ機という日本独自の発展もあり、家電企業とPC企業が激しい競争となり600万円のワープロはわずかの間に20万円程度になり、その後「1台売るごとに赤字が増える」過当競争を経てワープロはアプリ化してPCにリプレースされていきます。

       -       -       -

 MS社の勝利は「ライバルの10分の1の値段」から始まり、技術の発展と、ハードウエア企業との協力を経て進んできています。ゲイツ氏ひとりでアフリカ諸国のGDP合計に相当する財産を所有しているらしいですが、スタートは大学生のガレージ企業でした。それを世界の覇者にしたのはコストと技術で市場の競争に勝ったことです。ところで『ハイエク 知識 社会の自由主義 (PHP新書)』の「イノベーションに法則はない」でも指摘されていますがスティーブ・ジョブズの成功は「ほとんどまぐれ当たりであり」「画期的な技術でもない」ことが示されています。嫌われるほどの個人的なこだわり?でプロデュースされたのでiPodは売れたのかもしれません。

 一般的にはMS社のように何の変哲もない正攻法が市場で勝利するのでしょう。

 ところで世界不況で外需に頼れず、内需にシフトするしかない日本ですが、そのまだ将来があると思われている内需の代表?でもあるWeb関連やIT関連はまとも?なのでしょうか? そこには〝情報の非対称性〟などがまだまだあって本来のIT産業やネットの価値が発揮されていない可能性もあるのではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

「レクサス問題」マトメ?

レクサスが売れない理由?
レクサスが売れない理由?2
上記のレクサス問題についてちょっと説明がヘタでした。いくつかの問題を〝レクサスが売れない理由〟(ひとつだけ)から導こうとしたのでわかりにくい?文だったと思います。いやあ企画立てたり情報誌がくれたアナリストという肩書が…泣く。(^^;)

 池田blog「イノベーションの経済学 講義録」にとても実効性のありそうな講義録の紹介があります。企業人も起業人も必読必聴でしょうが官僚の方にこそ知ってほしいもの。もともとアタマがキレるハズの官僚ならばコレらを実行し実効させるのが役割のハズ…。それにイノベーションてシュンペーターが好きなハズのテクノクラートには人気でしょ?

 ところで市場ベースでの問題では〝まともなものが売れない〟という事実があります。商品なども企画の段階でできたものをレベルダウンさせて商品化する現実が少なくなく、特に大衆消費の現在では価値感もさまざまで〝いいものが売れる〟とは限らず、〝いいだけでは売れない〟現実があります。その具体例としてレクサスの問題が浮かんだワケです。

      -       -       -

   ブランドとは何か?
   レクサスはブランドか?
   レクサスはブランドの定義に合致したものか?
   日本ではブランドの定義が転倒しているが、
   そのためにレクサスは売れないのではないか?

   …などと考えてみましたが。

 マトメると…

「レクサスが売れない理由?」では以下を説明・・・

・レクサス・トヨタはブランド力がある。

販売初期に売れるのは<せきたて>心理の効果だ。
 <せきたて>心理を起こすのがブランド力だ。

・ではなぜレクサスは中長期的に売れないのか?
 アメリカでは売れている。


「レクサスが売れない理由?2」では以下を説明・・・

・ブランドは〝堅牢性や高性能〟を集約して象徴し高価だ。
       ↓
  <ブランドものは高価>

日本では一般的に〝高価なもの〟がブランドだと逆転している。
       ↓
  <高価なものはブランド>

<高価なものを買うワタシは…>とか<…なワタシは高価なものを買う>というトレンドがある。ある意味<…>で形容される<ワタシ>の物語だ。


◆<レクサス>について考えてみると…

 ハードとしてクラウンと同じ、
 ソフトとしては一般販売と同じ、
 コストとして高い、

 …という問題がある。

・これでは<ワタシ>の物語にならない…ソフトの欠陥
・そしてドイツ車あるいはGT-Rのような特徴がない…ハードの凡庸
・安定したハードに単にラグジャリーな味つけではプレミアムが無く、わざわざ高額なレクサスを購入する意味が無い…。

◆結論

 つまり…
 顧客に<主人(公)>としての位置づけがない。
 顧客は他者に対して<物語る>ことができない。


 経済的状況からもレクサスの今後はわからない。

 ただしトヨタは建築の方面で大きなイノベーションを起せる可能性がある。
 この意味ははてしなく大きいかもしれない…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧