« 卵のコトバ | トップページ | 新しくはじまった危機?のタネ。 »

2009年2月19日 (木)

ヘッジファンドが縮小均衡へ?

ヘッジファンド、縮小均衡へ?・・・

 CNBCなどのコメントによると、今日の東京証券取引市場では外資が投資している銘柄で一定の値幅で拮抗する反対売買(裁定決済)がみられたようです。これがポジション解消の動きだとすると…

 インターネットでの投資がはじまったときに老舗のタイガーファンドが25%の利益を維持したまま解散しました。今度は多くのヘッジファンド(HF)が投資銀行がないゆえに清算に入りつつあるようです。アメリカに投資銀行が存在しなくなった今となってはHFも身軽に動くことができません。縮小均衡を繰り返しながらポジションが解消され、場合によっては清算され解散すると考えられます。検索してみたら…

ー 「この度、ヘッジファンド・クルークは2009年3月末日をもって、サイトのニュース配信を終了し、サイトを閉鎖させて頂くこととなりました。」 ー

 ヘッジファンドに何かが起こってるもよう…

ヘッジファンド? とは・・・

 HFの決算は5月と11月に多いようですが、45日前ルールがあるのでHFの動向をポジション解消の45日前までに予測できます。投資市場ではこれを観測するのが重要でした。
 そしてこれは裁定決済される原油などの商品取引と、その調整や調達のバッファでもある為替レートとの関係で、リアルな指標というより世界経済そのものの動きだったワケです。

 政策金利の安い円で資金を調達しドルで運用するという基本的な投資から、日本市場から引き揚げる際には換金した円をユーロやドルなど効率が最もいい為替レートで交換し最小の損失で撤退を戦う殿戦では、いちばんの技量と見極めと決断が必要とされます。株式市場から大きなポジションを解消するときにはその下落率に応じた為替レートの変動が起こります。それは上記の理由によるもの。これを駆使する実行主体こそヘッジファンドでした。

ヘッジファンド清算の理由・・・

 再びこのところの大きな売り(と拮抗する買い)にHFの動きが予測されるようで、これは45日ルールとは違う動きです。
 これはゴールドマンSほか投資銀行が市中銀行に移行(FRBの資金注入を受けるために)したためにHFが投資業務を委託できず、そのために起こっているようです。証券会社にも打診があるようですが規模が違うためにHFは清算を決めつつあるようで一定の値幅での裁定決済を繰り返して縮小均衡しながらポジションを解消しつつあると考えられます。

 ヘッジファンドは契約上簡単に解約できないようで、取り付け騒ぎのように顧客から一度に資金償還を求められると大きな影響があるためでしょう。しかしこの解約の制限も期間的な制約のようで、精算できる時期がせまっている可能性があります。さらには清算するための手続き(取引)を担う投資銀行がなくなってしまったことが大きな問題なのでしょう。今後も、アメリカの大手投資銀行がなくなってしまったためにヘッジファンドそのものを効率よく運営していくことができません。

 よく考えてみると、これはとても危険な側面があります。流動性の問題です。

投資銀行がなくなって、OKなのか?・・・

 世界のグローバルマネーは4京から5京という観測もあるようですが、ファンドオブファンドの重複分があるので2京4000兆円程度が真実に近似だと考えられます。
 これ以上のマネーサプライの供給は危険ではないでしょうか。世界のマネーが2京4000兆円程度とすれば実体経済のほぼ4~6倍くらいと考えられ実体経済と金融経済は均衡してると思われます。今回の危機も、問題は当該者の支払い能力であってマネーの流動性ではないでしょう。しかも投資銀行がなくなった現在マネーの流動性は下がりますが、それはマネー総量が足りないのとは意味が違います。

 今回の金融危機以前、現状のマネー総量でも日本の株式市場の時価総額がアメリカよりも相対的に低すぎました。両国間のGDP比に対応しない異常な低さです。

 日本の属性には、こういったマネーサプライなどで考察できない現象もあり、世界では流動性の低下の可能性もあり、この複合したコンフリクトはやはり大変なものだと考えられます。

|

« 卵のコトバ | トップページ | 新しくはじまった危機?のタネ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッジファンドが縮小均衡へ?:

« 卵のコトバ | トップページ | 新しくはじまった危機?のタネ。 »