世界視線

2015年3月11日 (水)

無自覚がはじめる

 無意識つまり意識できない、対象化できない、自覚できない=無自覚というコトによって認識にさまざまな不確定と不安定が生じます。この不定性そのものが心的な動因そのものになるのですが、認識そのものの不定性≧流動性もまた再生産されるコトになります。

 この不確定・不安定という不定性はそのまま<感情>となります。より正確には価値判断以前の<中性の感情>として、あらゆる心的現象の動因であり認識の前提でもある心的状態です。

 

 不定性の再生産は、以前のエントリーで書いた<内部への認知>(自己矛盾)と<外部への認知>(認知不全)が相互に循環する構造をもっているコトによります。


 <内部への認知>における<絶対に言及できないモノゴト>に対して、心的システムはシステムの安定のために<あるモノゴト>を代入します。この作用=力動は心的現象の中でいちばん根本的なものであり、強度そのものだといえます。

 また
 <外部への認知>における<認知できる可能性(という担保)>は、心的システムの拡大のための動因であり、環界へのアプローチの基本となる強度です。

                          (独解、吉本さん羊書「無意識の多重性」P97)

☆対象認識が基本である心的現象では、対象化できないということはそのまま不確定であり不安定である不定性になります。規範化の不全ともいえるこの状態は<純粋疎外>における典型的なもの。規範化せず、概念化せず、それはある種の流動性そのものとして保持されます。それが<中性の感情>です。『心的現象論序説』における感情についての論考の圧倒的な独創性は、その時空間概念とともに絶対的な科学性でもあるものとして、いまだに言及さえされることがありません。


           
改訂新版 心的現象論序説 (角川ソフィア文庫)

著:吉本 隆明
参考価格:¥1,028
価格:¥1,028

   

           
「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書)

著:下條 信輔 , 他
参考価格:¥799
価格:¥799

   

2015年3月 2日 (月)

無意識がはじめる2

 <内部への認知>は絶対に言及できないモノゴト≧自己そのものを動因としています。
 <外部への認知>は認知を予期できる可能性を担保として作動します。


 <内部への認知>は絶対に言及できないモノゴト≧自己そのものを動因とする
 あるいは
 絶対に言及できないモノゴト≧自己そのものを動因とする<内部への認知>
 ....以上のように考えられます。

 <外部への認知>は認知を予期できる可能性を担保として作動する
 あるいは
 認知を予期できる可能性を担保として作動するのが<外部への認知>
 ....以上のように考えられます。


自己言及が不可能な領域   (自己矛盾)
  ゲーテル的限界を特徴とする自己言及できない領域としての無意識
  自覚できない自己意識としての無意識

不可知な領域としての無意識   (認知不全)
  指示決定されながら自己確定不能の対象(性)としての無意識
  外部からの情報に対する不可知であるがゆえの無意識

                       (独解、吉本さん羊書「無意識の多重性」P96)

☆<内部への認知>と<外部への認知>はそれぞれ<植物的階程>と<動物的階程>に対応しますが、さらに、ファンクショナルなものとして吉本の概念装置に『母型論』で提出された<内コミュニケーション><外コミュニケーション>があります。ここでは拡張して<内コミュニケーション>には代謝やレセプターレベルの応答も入れ、意識外(無意識)の細胞間コミュニケーションや10000分の1秒でレスポンスする実母の声音の影響なども対象にしています。むしろこちらの方が重要かもしれません。<外コミュニケーション>は基本的に言語を媒介とするものです。

           
母型論

著:吉本 隆明
参考価格:¥1,944
価格:¥1,944

   
           
右脳と左脳―脳センサーでさぐる意識下の世界 (小学館ライブラリー)

著:角田 忠信
参考価格:¥ 832
価格:¥ 832

   

           
音のイリュージョン――知覚を生み出す脳の戦略 (岩波科学ライブラリー 168)

著:柏野 牧夫
参考価格:¥1,404
価格:¥1,404

   

2015年2月20日 (金)

無意識がはじめる

 無意識つまり意識できないコト、対象化できないコトには2つのレベルが考えられます。位相的には<内部への認知>と<外部への認知>それぞれにともなう矛盾として把握できます。それぞれに大きな特徴があります。

 哲学的心理学的な思索からはじまった『心的現象論序説』ですが、その後吉本理論は三木成夫の解剖学を参照し具象性が高くなります。そこでは<内部への認知>と<外部への認知>はそれぞれ<植物的階程><動物的階程>に対応するでしょう。ここでは論理的な展開として考察し<自己言及>とその限界と矛盾である<ゲーデル問題>として抽出しています。
                          (独解、吉本さん羊書「無意識の多重性」P96)

アルチュセール矛盾論により資本論ディコンストラクションし、商品であれ何であれ資本主義に重層的決定を見出しました。さまざまな交通の結節点としてそれらは決定されます。しかし、それはマテリアルな世界であり、意志を前提にしたときにはメンガーのように決定できないと認識する方がリアルです。意志あるいは観念に由来するものならばなおさら。吉本隆明の重層的非決定とはこのことを指しています。

ラカン無意識は構造化されているとしていますが、どのような構造なのか? 吉本理論からインスパイアされた思索としては、無意識の多重性がポイントだと考えられます。

           
資本論 -まんがで読破-

著:マルクス , 他
参考価格:-
価格:

   
           
アルチュセール―認識論的切断 (現代思想の冒険者たち)

著:今村 仁司
参考価格:¥ 2,726
価格:¥ 2,726

   
           
実践論・矛盾論 (岩波文庫 青 231-1)

翻訳:松村 一人 , 他
参考価格:¥ 454
価格:¥ 454

   

2015年1月15日 (木)

「像としての文学」から9

「概念」に折り畳まれた生命の糸は、
たぶん存在が存在自体を反省したときの残像である〔純粋本質〕と、
存在がそのもの自体であるような〔具体的な存在物〕の像との、
主観内での統一から成り立っている…

     (『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P77ちくま学芸文庫)

■村上春樹の「蛍」の特徴として「「概念」がよびおこす…文体の〔意味〕にそった像(イメージ)」と「文体の〔意味〕からかけ離れた像(イメージ)」が二重になってうみだされ、さらに「「概念」とはまるでかかわりのないかにみえる像(イメージ)をよびおこす…」と分析され評されています。「グラフィカルにはぼんやりしているが、それに反比例するような多彩な像(イメージ)」という指摘は共同幻想ハイイメージ)や世界視線の特徴としても重要なポイントになります。

2015年1月 6日 (火)

「像としての文学」から8

この作者の文体はさり気ないようで、じつはイメージ(像)の喚起力がつよく、
それは作品をすぐれたものにしているおおきな要素になっている。

            (『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P69ちくま学芸文庫)

■村上春樹がイメージの喚起力が強い作家だと分析評価されています。サンプルは「蛍」。
「言葉の「概念」とそれが喚起するイメージ(像)」について思索され、特徴として言葉の意味に対応するイメージではなく「〔意味〕にむかって直交する」ものから生成するイメージであることが指摘されています。

       -       -       -

彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。
彼女の求めているのは僕の温もりではなく、誰かの温もりだった。

少なくとも僕にはそんな風に思えた。

彼女の目は前にも増して透明に感じられるようになった。
どこにも行き場のない透明さだった。時々彼女は何の理由もなく、
僕の目をじっとのぞきこんだ。
そのたびに僕は悲しい気分になった。
                           (村上春樹「蛍」より)
    (『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P68ちくま学芸文庫)

■幻想の3つの位相としては以下のようなことがいえるかもしれません。AAA(アンダーライン)は「僕」の対幻想の否定としての共同幻想。AAA(強調)は反復固定化する自己幻想。AAA(斜体)は共同性ではない純粋本質。読者の判断がシフトする、第一義的な判断が停止している純粋本質のパートが<時点ゼロ>として、次の方向と強度を決定するものとして作用します。トレンドの志向とその強度は<シンクロ>する場や対象によることになります。


           
螢・納屋を焼く・その他の短編

著:村上 春樹
参考価格:¥1,404
価格:¥1,404

   

2014年12月 9日 (火)

「像としての文学」から7

言語の「概念」の流れに折り畳まれた生命の糸のつよい重なりと、
「概念」がよびおこすため、グラフィカルにはぼんやりしているが、
それに反比例するような多彩なイメージ(像)が、文学作品を芸術にしている本質だといえよう。

『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P76ちくま学芸文庫)

■視覚像=「グラフィカル」なものに「反比例するような多彩なイメージ」とは想像力によるもの。言語の「概念」に折り畳まれたものとの「つよい重なり」が芸術の本質であることが示されています。その生成の機序は<世界視線>のそれと相同であるところが重要なポイントでしょう。


ハイ・イメージ論〈1〉 (ちくま学芸文庫)

著:吉本 隆明
参考価格:¥1,404
価格:¥1,404

2014年12月 3日 (水)

「像としての文学」から6

言葉の「概念」と、それによって喚起されるイメージ(像)との関係は、
ほんとうはグラフィカルな映画や画像にはまったく存在しないもので、
言語の表現に特有な「概念」とその喚起するイメージ(像)との関係といえる。

『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P70ちくま学芸文庫)

■言語の「概念」と、何らかに喚起されるあるいは想像される「イメージ」の関係に、まったく視覚像が介在しない…または視覚像には「概念」と「イメージ」の関係が存在しない…。言葉の「概念」をイメージ=像(心像)の生成の構成素との関係(無関係性)として把握した、ある位相での説明になります。ここでは知覚が予め捨象されていることが指摘されています。

2014年9月23日 (火)

「像としての文学」から5

触覚的なもの、視覚的なもの、聴覚的なものは、
現実には「概念」にかかわることができない。
だがそれらの知覚的なものすべては、
折り畳まれた生命反映を無意識として積みかさねた形で
「概念」のなかに含んでいる。

『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P66ちくま学芸文庫)

■概念にかかわらないが、そこに含まれている(ハズの)知覚的なもの…という矛盾。マルクスが「五感の形成は、いままでの全世界史の一つの労作である」と評した知覚形成と、言語概念の生成を架橋するものとして、イメージを手がかりにアプローチするハイイメージ論のコアが、ここにあります。

2014年7月 1日 (火)

「像としての文学」から4

像(イメージ)としての言葉といったら形容矛盾にしかならないが、
作品が文学として表現するのは、極論すればこの形容矛盾いがいではない。

『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P65ちくま学芸文庫)

■言語のイメージを探究した『言語にとって美とはなにか』は、その現代版として『ハイイメージ論』に発展します。それはイメージの文法ともいうべきものの追究です。イメージから言葉にアプローチしていく過程で、それを見る<世界視線>がフォーカスされ、自己の表出であるとともに環界そのものでもある…という矛盾と、矛盾そのものである資本主義と、それを可視化する世界視線とが同定されていきます。

2012年8月15日 (水)

<純粋視覚>について

世界視線や対幻想といったタームよりもラディカルで重要なのが、<純粋疎外>概念とそこから派生するいくつかの概念の一つである<純粋視覚>です。 

認識のうえで<身体>と<心>と<外部>の区別がついていない状態を、位相学的に<純粋疎外>として設定します。この定義に相当するものがオートポイエーシスでは<境界>です。しかしオートポイエーシスでは<外部>を<撹乱>として捉え、有意な定義ができません。これはシステム論の限界を如実に表しているといえます。

 <純粋疎外>の概念は、個別の器官や特定の認識作用に際してある種の定点を仮構するものとして援用されます。初出は『心的現象論序説』ですが、その後の『イメージ論』をはじめとした批評理論の構築においても、理論の根幹を支えるもとのとして行使されています。

―――――――――――――――――――――――――――――
視覚像にいくつかのレベル≒種類があります。

 対象的視覚像
  視覚感覚器に反映された対象像。別の言い方をすれば
  「視覚センサーに入力されたデータ」です。

 知覚的視覚像
  対象像を認識した視覚像。意識された視覚像。
  自己確定(決定)された視覚像。

 想像的視覚像
  想像力(認識力)によって形成された視覚像。
  経験値データによる範囲内。

 世界視線による視覚像

  想像的視覚像が予想データによって拡張形成された視覚像。
  予期データによって拡張形成された想像的視覚像。

―――――――――――――――――――――――――――――

上記の定義に以下の<純粋(疎外)>概念に基づいた<純粋視覚>を設定することによって、いままで必要でありながら得られなかった定点と大きな可能性が確保できます。

       -       -       -

 純粋視覚
  視覚の対象と視覚そのものが自他不可分(分別不能)の状態にある視覚。

       -       -       -

 <純粋>概念は、静態的な状態としては第三世代システム論のオートポイエーシスにおける境界概念と重なりますが、境界の外部を対象化し得ないシステム論にはそれ以上の可能性がありません。
 <純粋>概念は、常に能動的である認識そのものの特異点を定点として仮構したものです。これによって、その定点からどちらにむかってベクトルがシフトするかというアプローチができ、そのことによって明晰な分析が可能になります。別のいいかたをすれば、微分的解析の陥る概念の微細化のようなデッドエンドを避けることができ、それは同時にデッドエンドから超越論的認識へという、科学を装った認識の宗教化を回避することもできるワケです。

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ