« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月16日 (木)

聴覚と視覚の空間化度の<時間化>

聴覚と視覚にあらわれた人間の心的な特異性は、
聴覚と視覚の空間化度だけが、
そのままで構造的時間性に転化しうるものだという点に帰せられる。

聴覚と視覚のばあいにはある対象を<聴く>ことと<視る>ことは、
そのまま時間性として感ずることができるということである。

『心的現象論序説』【Ⅲ 心的世界の動態化】「6 聴覚と視覚の特異性」P120)

☆音楽や映像が時間の芸術といわれるように聴覚と視覚は時間の経過とともに知覚(感覚上の分別は空間性の差異によります)されます。すべての感覚刺激は単位時間あたりの空間量(空間性)が閾値を超えたところで受容されるものですが、認知上はそこに錯誤が生じます。すべての認識は時間の経過とともにあり、ここでは感覚された空間性が認知の時間性に溶融してしまう可能性が示されています。感覚すべき対象の空間性が認識する主体の時間性と溶融するのは<純粋疎外>状態を媒介とした現象、あるいは<純粋疎外>状態そのもの。それは自他不可分からはじまる認識の初源であり原点となるものです。この認識の初源に戻っての認識(再認識)が統合的に現象した場合がデジャブです。

心的現象としての<イメージ>7 他者性
幻聴や幻視は聴・視覚の空間化度が
そのまま時間性として了解されるために
<身体>の時間化度と関係ないかのように成立する仮象である。(P122)

心的現象としての<イメージ>8 空間化度
純粋概念としては、嗅覚・味覚・触覚における空間化度は、
そのまま(即自的に)時間性としては感じることはできない。
対象との関係の幻覚としてはありうる。(P122)

心的現象としての<イメージ>9 了解作用
具体的に確認できない対象を自己と関係づけようとする意識こそ、
関係という空間性を時間性として了解する意識そのものである。(P124)

2017年3月 9日 (木)

聴覚(心的領域)の一次対応としての空間性

聴覚が受容するのは、時間的な距りではなく、
可聴周波数と波形による振動物体の空間的な性質である。
いわば、もっとも発達した感覚と考えられている聴覚は、
遠隔化された触覚にたとえることができるものであり、
その空間化度は、一定の方向に物体から外延される全空間との接触性を意味している…

『心的現象論序説』【Ⅲ 心的世界の動態化】「3 度(Grad)について」P101)

☆ここでは「おおくの神経生理学者」や「ヘーゲル」が「聴覚の属性を空間性とかんがえずに、時間性とむすびつけようといている」ことを「それは誤解である」と否定しながら、心的現象論ならではの時空間概念を基礎にした説明がされます。聴覚は単位時間あたりの空気の振動を受容し、2つの聴覚器官(耳)へ到達する音波の時間差から音源の方向や位置を探るものです。どんな複雑な音もホワイトノイズもオーケストラの演奏も高調波倍音もホルマント構造の音も、聴覚に受容される瞬間は1点の接触点でしかありません。

「視覚(心的領域)の一次対応としての空間性」と同じように聴覚の心的領域の基礎として一次対応としての空間性があります。各感覚におけるこの一次対応からのズレが、原生的疎外 → 純粋疎外というベクトル変容の本質になります。


音からわかるコト

J・ケージはあらゆるものから音階をつくる?

入力が無い時の<受容>と<了解>


           
改訂新版 心的現象論序説 (角川ソフィア文庫)

著:吉本 隆明
参考価格:¥ 1,028
価格:¥1,028
OFF :  ()
   

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ