« 心的現象としての言語 自己表現 | トップページ | 心的現象としての言語 2つの病気 »

2016年6月17日 (金)

心的現象としての言語 規範として

規範としての言語という側面から、灰皿とはなにかをかんがえれば、
ここでは<灰皿>=記号的灰皿であり<灰皿>という共通性は、
どんな具体的な灰皿とも無関係に成立する記号でしかない。

そこでは灰皿という受容の空間化度は
ある位相(論理系の位相)にあるのっぺらぼうな単一な面に拡がっている。
…このばあい<灰皿>という共通性は<関係>意識にかかわってくる。

(『心的現象論序説』【Ⅴ心的現象としての発語および失語】P154)


☆規範としての言語というのは、コミュニケーションとしての言語の前提。共通の規範による言語がなければコミュニケーションが成立しません。翻訳とは共通の規範に置き換えることです。「ある位相(論理系の位相)にあるのっぺらぼうな単一な面」というのはシニフィアンの領域のことであり、リアルなそれそのものあるいはレファランではありません。そのために「具体的な灰皿とも無関係に成立する」わけです。一方<灰皿>という共通性は<関係>意識にかかわってくる」というのは、共同性への前提にもなるもので人間の認識の最重要なものです。

« 心的現象としての言語 自己表現 | トップページ | 心的現象としての言語 2つの病気 »

心的現象論」カテゴリの記事

羊書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/63792504

この記事へのトラックバック一覧です: 心的現象としての言語 規範として:

« 心的現象としての言語 自己表現 | トップページ | 心的現象としての言語 2つの病気 »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

無料ブログはココログ