« 根源的な世界との関係 | トップページ | 根源的な2つの問い »

2015年9月21日 (月)

根源的な世界との関係2

●2つの自意識

母という世界との関係は反復することにより2つの認識を確立していきます。


  反復から抽象化される自己同一性。
  反復から対象化される自己関係性。


 自己同一性は「ワタシはワタシ」という言葉で表せる即自的な自意識であり、自己関係性は「ワタシのワタシ」という言葉で表せる対自的な自意識です。
 自己同一性は抽象化された自意識であり、反復する再帰性における不変的な意識だといえます。自己関係性は対象化された自意識であり、反復し再帰するごとの変化の可能性と外部性の意識だといえます。


  ワタシはワタシ
         自己同一性・自己抽象性
         即自
         強度・概念・自己確定
         現実界
         知覚からの離脱

  ワタシのワタシ
         自己対象性・自己関係性
         対自
         場所・規範・指示決定
         象徴界
         ベクトル変容


                          (NOBORUのブログ「根源的な世界との関係」

☆常同反復から<自己同一性>と<自己関係性>という基礎となる2つの認識が確立されていきます。臨界の固定化でもある常同反復は、同時に限界を拡張していく認識の前提でもあり、すべての認識はここを起源として生成します。

« 根源的な世界との関係 | トップページ | 根源的な2つの問い »

心的現象論」カテゴリの記事

re吉本理論」カテゴリの記事

ETC…」カテゴリの記事

羊書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根源的な世界との関係2:

« 根源的な世界との関係 | トップページ | 根源的な2つの問い »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

無料ブログはココログ