« 世界と規範と概念 | トップページ | 規範と概念と言語 »

2015年7月21日 (火)

世界と規範と概念2

 規範の初源となるのは<いま、ここ>であり<原生的疎外>の領域ですが、ベクトル変容した<純粋疎外>の領域では知覚から意志や理性まで、<自他不可分>の対象性(あらゆる可能性=時点ゼロ)として存在します。

 

母との分離、母との関係からの分離は世界の対象化であり、その自己分離と確立が成長です。


      最初の環境である母体、
      最初の他者である母、
      最初の社会である母との関係、
      そして最初の物語である母との物語。


 そこには、自己にとって<母=世界>という環界からの規範化と、それへの<自己の対応>が確定していく過程があります。


 <自己の対応>の基本は認識することであり、対象の概念化です。
 対象である<母=世界>との反復される関係から、対象は抽象化されて概念化します。
 並行して対象は命名されていきます。
 規範化の前提には形態認識があります。<いま、ここ>が場所であり、前提となる身体とともにそれらは空間性です。これらの空間性を識知する形態認識がリアルのはじめにあります。

                          (NOBORUのブログ「2つの認識の基礎」

☆認識の位相に<イメージ(心像)><形像><概念>があり、同時にこれらは<規範>から規定されています。この自己抽象と自己関係のトーナリティが、ある特定の現存在になります。

« 世界と規範と概念 | トップページ | 規範と概念と言語 »

re吉本理論」カテゴリの記事

心的現象論」カテゴリの記事

羊書」カテゴリの記事

ETC…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/61929359

この記事へのトラックバック一覧です: 世界と規範と概念2:

« 世界と規範と概念 | トップページ | 規範と概念と言語 »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ