« 「瞬間論」から8 | トップページ | 「像としての文学」から9 »

2015年1月 6日 (火)

「像としての文学」から8

この作者の文体はさり気ないようで、じつはイメージ(像)の喚起力がつよく、
それは作品をすぐれたものにしているおおきな要素になっている。

            (『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P69ちくま学芸文庫)

■村上春樹がイメージの喚起力が強い作家だと分析評価されています。サンプルは「蛍」。
「言葉の「概念」とそれが喚起するイメージ(像)」について思索され、特徴として言葉の意味に対応するイメージではなく「〔意味〕にむかって直交する」ものから生成するイメージであることが指摘されています。

       -       -       -

彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。
彼女の求めているのは僕の温もりではなく、誰かの温もりだった。

少なくとも僕にはそんな風に思えた。

彼女の目は前にも増して透明に感じられるようになった。
どこにも行き場のない透明さだった。時々彼女は何の理由もなく、
僕の目をじっとのぞきこんだ。
そのたびに僕は悲しい気分になった。
                           (村上春樹「蛍」より)
    (『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P68ちくま学芸文庫)

■幻想の3つの位相としては以下のようなことがいえるかもしれません。AAA(アンダーライン)は「僕」の対幻想の否定としての共同幻想。AAA(強調)は反復固定化する自己幻想。AAA(斜体)は共同性ではない純粋本質。読者の判断がシフトする、第一義的な判断が停止している純粋本質のパートが<時点ゼロ>として、次の方向と強度を決定するものとして作用します。トレンドの志向とその強度は<シンクロ>する場や対象によることになります。


           
螢・納屋を焼く・その他の短編

著:村上 春樹
参考価格:¥1,404
価格:¥1,404

   

« 「瞬間論」から8 | トップページ | 「像としての文学」から9 »

ハイイメージ論」カテゴリの記事

世界視線」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/60931556

この記事へのトラックバック一覧です: 「像としての文学」から8:

« 「瞬間論」から8 | トップページ | 「像としての文学」から9 »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

無料ブログはココログ