« 「像としての文学」から9 | トップページ | <イメージ>のはじまるところ2 »

2015年1月22日 (木)

<イメージ>のはじまるところ

  像は、人間が対象を知覚しているときには不可能な意識である…

  言語の像をつくる力は、指示表出の強い言語ほどたしかである…
  言語の像は、言語の指示表出と対応しており、
  また自己表出を起動力とするなにかである…

  像とは…対象的概念とも対象的知覚ともちがっている…
  言語構造の指示表出と自己表出の交錯した縫目にうみだされる…

        (『言語にとって美とはなにか Ⅰ』「第Ⅱ章 言語の属性」「3 文字・像」P97)

  言語における像がなぜ可能となるか、を社会的な要因へまで
  潜在的にくぐってゆけば、
  意識に自己表出をうながした社会的幻想の関係と、
  指示表出をうながした生産諸関係とが矛盾を来たした、
  楽園喪失のさいしょまでかいくぐることができる。

        (『言語にとって美とはなにか Ⅰ』「第Ⅱ章 言語の属性」「3 文字・像」P100)

■言語から像=イメージがどのように生成するかが考察される『言語にとって美とはなにか』の中核となるパート。ソシュール『言語学原論』サルトル『存在と無』から<価値>を分析抽出しながら、マルクスをトリガーに吉本オリジナルの思索が展開されます。自己表出の動因である<価値>が導くものとしての像=イメージがクローズアップされます。サルトルの『想像力の問題』での知覚とイメージの排他的な関係への指摘を援用しながら、それとは逆に指示表出の強さがイメージを導くことが指摘されます。カント『判断力批判』に古典的な意味での言語における像の概念を見出しながら、それへサルトルの指摘が構造をあたえたと分析しつつ、全世界史的なマルクスが援用されます。「楽園のさいしょ」をめぐる思索が『アフリカ的段階』であることはいうまでもありません。(*犬のイメージをつくる形態<犬>、概念<犬>

           
アフリカ的段階について―史観の拡張

著:吉本 隆明
参考価格:¥ 1,728
価格:¥ 1,728

   
           
定本 言語にとって美とはなにかI (角川ソフィア文庫)

著:吉本 隆明
参考価格:-
価格:

   

« 「像としての文学」から9 | トップページ | <イメージ>のはじまるところ2 »

re吉本理論」カテゴリの記事

心的現象論」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/61015131

この記事へのトラックバック一覧です: <イメージ>のはじまるところ:

» 犬のイメージをつくる形態<犬>、概念<犬> [独解、吉本さん]
「犬」という言葉からイメージ(「像」)されるものは、さまざまかもしれません。でも [続きを読む]

« 「像としての文学」から9 | トップページ | <イメージ>のはじまるところ2 »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ