« クロックとシンクロ | トップページ | 志向性としての時間性・空間性 »

2014年7月 1日 (火)

「像としての文学」から4

像(イメージ)としての言葉といったら形容矛盾にしかならないが、
作品が文学として表現するのは、極論すればこの形容矛盾いがいではない。

『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての文学」P65ちくま学芸文庫)

■言語のイメージを探究した『言語にとって美とはなにか』は、その現代版として『ハイイメージ論』に発展します。それはイメージの文法ともいうべきものの追究です。イメージから言葉にアプローチしていく過程で、それを見る<世界視線>がフォーカスされ、自己の表出であるとともに環界そのものでもある…という矛盾と、矛盾そのものである資本主義と、それを可視化する世界視線とが同定されていきます。

« クロックとシンクロ | トップページ | 志向性としての時間性・空間性 »

世界視線」カテゴリの記事

ハイイメージ論」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「像としての文学」から4:

« クロックとシンクロ | トップページ | 志向性としての時間性・空間性 »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

無料ブログはココログ