« 「像としての音階」から2 | トップページ | <時間性>のはじまるところ »

2012年10月16日 (火)

「像としての音階」から3

公響してくる音階が快であればあるほど、
分裂病者は身ぶるいがするようなある寂しい感じに襲われた。
そしていつかどこか遠い過去(または場所)で、
これとおなじ感じを体験したことがあるように思ったのである。
胎内か乳児のときかはっきりしなかった。

『ハイ・イメージ論Ⅰ』「像としての音階」P245ちくま学芸文庫)

■一般的には「公響」は「交響」かと思われますが、共同幻想という公的関係から(or公的関係に)やってくる音階…と考えると「公響」という表記がふさわしいかもしれません。画像は吉本隆明さんによるクラフトワークの採譜です。

Ml_fj310042_2

« 「像としての音階」から2 | トップページ | <時間性>のはじまるところ »

ハイイメージ論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/55905015

この記事へのトラックバック一覧です: 「像としての音階」から3:

« 「像としての音階」から2 | トップページ | <時間性>のはじまるところ »

ポチッ!としてくださ~い!

  • ポチッと! お願いしま~す!

クリックお願いしまーす

1クリックどーぞ!

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ