OnePush!お願いしまーす!

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

とれまがブログランキング

« 対幻想論との緊張が読める―『家族の痕跡 いちばん最後に残るもの』 | トップページ | 液性環境の動的平衡からはじまる…『心は遺伝子をこえるか』 »

2015年12月31日 (木)

言語論をベースにした批評のガイド―『詩人・評論家・作家のための言語論』

戦後最大の思想家が「自信作」だと自賛する、批評するための、あるいは批評家になるためにも役に立つガイドが本書。言語論だが表層の言語表現ではなく、その表現を導き出したものすべてがターゲットにされている吉本隆明らしい言語論。『言語にとって美とはなにか』より深いというか、そもそもの目的が違うので『心的現象論序説』寄りに見え、非言語コミュニケーション=「内コミュニケーション」へのアプローチなど『母型論』との関連が深い。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後最大の思想家によるマニフェスト

 この本は基本的に言語論をベースにした言語批評(文芸批評)のガイドを目指している。しかし、それは通常の言語論ではない。言語論そのものの前提として非言語コミュニケーション=「内コミュニケーション」の分析に重点を置き、言語取得以前の人間=胎児~幼児の心的現象にフォーカスしている。その目的は心的な発展段階に応じた表出のレベルを同定することによって、言語による作品の表現から遡行的に主体の内面=心的世界を解明しようという試みである。
 つまり、本書は吉本隆明の基本的理論である『心的現象論序説』や『言語にとって美とはなにか』の成果を踏まえたマニフェストだといえるだろう。吉本自らが自信作だと自賛しているだけある内容と可能性に満ちた本でもある。
 それは同時に、!再び注目を集めつつある〝戦後最大の思想家〟としての吉本隆明の理論から我々読者が何をどのように展開できるのか?と問われていることにもなるだろうか。思想家の自信作を前に我々はどうするのか?...である。今、吉本隆明の読解が〝可能性の中心〟を可能せしめるかどうかが問われつつある。

2003/7/24

           
詩人・評論家・作家のための言語論

著:吉本 隆明
参考価格:¥ 1,728
価格:¥ 1,728
OFF :  ()
   

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

           
母型論

著:吉本 隆明
参考価格:¥ 1,888
価格:¥ 1,888
OFF :  ()
   

           
定本 言語にとって美とはなにか〈1〉 (角川ソフィア文庫)

著:吉本 隆明
参考価格:¥802
価格:¥802
OFF :  ()
   

« 対幻想論との緊張が読める―『家族の痕跡 いちばん最後に残るもの』 | トップページ | 液性環境の動的平衡からはじまる…『心は遺伝子をこえるか』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/62976175

この記事へのトラックバック一覧です: 言語論をベースにした批評のガイド―『詩人・評論家・作家のための言語論』:

« 対幻想論との緊張が読める―『家族の痕跡 いちばん最後に残るもの』 | トップページ | 液性環境の動的平衡からはじまる…『心は遺伝子をこえるか』 »

にほんブログ村

ネタ本 アザーコア

オススメ DOYO