OnePush!お願いしまーす!

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

とれまがブログランキング

« <大洋>からはじまる言葉と意味…『母型論』 | トップページ | <文>と<単語>と自己表出、指示表出 »

2014年4月 2日 (水)

<大洋>のTPOとしてのデジャブ…『母型論』

   素因子としていえば、すくなくともこれらの内臓系の感受性からくる心の触手と、
   筋肉の動きからくる感覚の触手とは、大脳の皮質の連合野で交錯し、
   拡張された大洋のイメージを形づくっているとみなすことができよう。

   この大洋のイメージの拡がりは、すこしも意味を形成しないが、
   その代りに内蔵(その中核をなす心臓)系の心のゆらぎの感受性のすべてと、
   感覚器官の感応のすべでを因子として包括していることになる。

                                (『母型論』「大洋論」P49)

 「内臓系の感受性」「筋肉の動きからくる感覚」(体壁系の感覚)という三木成夫の解剖学からの知見を援用しながら、それが脳において連合し認識となるときに<大洋>のイメージを生成することが説明されています。指摘されていることの重大さと、それに反比例するかのようなあまりにもシンプルな事実関係が示されていますが、思弁的で過剰な論理の再生産を繰り返し何もアプローチできていないよくある分野などの言説とは違って、真理へのダイレクトな言及は吉本理論ならではかもしれません。心的現象論の本論でも序説でも多くの具体例や症例といったもの、あるいは実験や実証の論文が参照されていますが、そういった認識に関して実証やテストを積み重ねてきているような分野(知覚心理学認知神経科学)では、このような吉本理論の基礎的な部分と同じ結論や仮説に達しつつあるのも事実です。

 上記の引用は胎児の状態(代謝的な関係)から離脱し、生存のすべてを授乳に依存するようになった乳児と母との関係から考察されたもの。母は対象化され、母と乳児(自分)との関係がすべてである状態。そこでは赤ちゃんがリーチングして母と乳房をまさぐり、授乳し、といった過程で発揮される「内臓系の感受性」「筋肉の動きからくる感覚」の世界です。母体への肌触り、母乳などへの嗅覚味覚、それらによる生存の欲求の充足…。ここに性と関係の原点を見出している吉本理論の基礎的な部分と、それが言語の生成や獲得となっていることを探究する『母型論』の基本があります。

 簡単にいえば空腹という生存をかけた内臓系の欲求があり、それを満たそうとする懸命に母を探し乳房をまさぐる触覚をともなう筋肉の運動があり、授乳するという嗅覚味覚による享受があります。内臓系の感受性を動機とし、体壁系の運動と触覚による感覚的なリーチングがあり、そして味覚や嗅覚による享受…。これらの約1年間におよぶ反復が赤ちゃんの生命を支えています。

 この赤ちゃんの生と営みをフォローしている母型的な大きな枠組は、反復することによって赤ちゃんにラジカルな規範を与えてもいます。そしてこれらがその人間個体の原型を形成していく基礎になるもの。個体にとっての価値や意味は、生命(維持)の営みであるこれらの反復が臨界に達しステージがアップする…ということの過程で獲得あるいは生成し定着していきます。それはリニアにおこなわれるものではなく、各パートや領域において入れ子構造単位で、しかも部分も全体もなく行為され、その特異点としてある個体が想定されるのではないでしょうか…? さらには個体の属性はあるTPOにおけるものなので、TPOのズレによって変異するとも考えられます。その象徴的なものが転地療法による統合失調症からの快復であり、日常的には気分の転換のようなことでしょう。あらゆる認識が例外なくこのTPOによる規定を受けています。たとえばそのエビデンスの一つが、初源のTPOである大洋に育まれていた頃の認識がデジャブとして感受されることです。

   この拡張された大洋のイメージは、言語に集約されるような意味をもたず、
   それだけで意味を形成したりはしない。
   だが、それにもかかわらず心の動きと感覚のあらゆる因子を結んだ
   前意味的な胚芽の状態をもっている。

                                 (『母型論』「大洋論」P49)

 「内蔵(その中核をなす心臓)系の心のゆらぎの感受性のすべて」と「感覚器官の感応のすべて」を「因子として包括している」とされる「大洋のイメージの拡がり」は、「言語に集約されるような意味をもたず」「それだけで意味を形成したりはしない」が「前意味的な胚芽の状態」であるとされます。

 <イメージ>というもののマトモな定義そのものがほとんどなされていない思想や哲学ほかのさまざまな言説の中で、わずかな手がかりを参照しながら吉本理論の思索はほぼ唯一のブレークスルーを成し遂げていきます。
 ポスモダニューアカと呼ばれたなかには良質の言辞もあり、可能性の中心を見出すことが不可能なワケではありません。『自己・あいだ・時間』木村敏)などに先進的な探究があったことが示されてもいます。そこには「分裂病こそが言語の陰画が言語の陽画(言語そのもの)に転化する過程の病気として発生するものにほかならない」(『母型論』P90)という吉本隆明氏の鋭利な指摘に準ずるものを見出すこともできるでしょう。

  純粋な差異化のエレメントとしてノエシス的な自発性の動きというものがあると考える。
  それがノエマ的な自己に逆規定されてはじめてノエシス的な自己になるのだと。
  この、自発性の場における差異化の運動というものは、まさしくスキゾフレニックな運動そのものですね。

            (『逃走論』<対話>「ドゥルーズ=ガタリを読む」P92今村仁司浅田彰

 

           
逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)

著:浅田 彰
参考価格:¥864
価格:¥864

   

 

           
自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学 (ちくま学芸文庫)

著:木村 敏
参考価格:¥1,620
価格:¥1,620

   

« <大洋>からはじまる言葉と意味…『母型論』 | トップページ | <文>と<単語>と自己表出、指示表出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/59400876

この記事へのトラックバック一覧です: <大洋>のTPOとしてのデジャブ…『母型論』:

« <大洋>からはじまる言葉と意味…『母型論』 | トップページ | <文>と<単語>と自己表出、指示表出 »

にほんブログ村

ネタ本 アザーコア

オススメ DOYO