OnePush!お願いしまーす!

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

とれまがブログランキング

« 心的現象論序説でみた<自己表出>と<指示表出> | トップページ | “心の原書”?は最も難解といわれる本…『心的現象論序説』 »

2013年8月 5日 (月)

ピダハン、全員でつくる言葉と行動でつくる関係?

すべてのピダハン一人ひとり全員に、それぞれの精霊がいるという彼らの普遍性が、その共同性。

この精霊以外に特徴的なピダハンならではの共同性を象徴するものが、言葉です。ピダハンの言語は左右の概念も数も色の名前さえもない独特?の世界。動詞は一文に一つしか存在せず、シンプル?な構成の文しかありません。チョムスキーが重要視し、一般的に言語に当然のように存在するリカージョン(言語の入れ子構造)もまったくありません。ただし動詞の活用は65000通りもあります…。

ピダハンの会話のサンプルをみると、一人ひとりのオシャベリは対話というより単なる発話に近い印象のもの。非常にシンプルな言葉しか口にしないので当然かもしれませんが、それが大きな意味があるかもしれません。誰かの言葉を受けて応えるというより、一人づつが一言づつ何かを言っているだけというイメージなのです。そのために会話が成立していないようにみえるとも評されるほど。それこそが大きなヒントなのでしょう。それは会話全体で一つの文のように解釈できるからです。

そして、事実そのようで、一人づつが動詞一個以下のシンプルなリカージョンのない言葉を口にし、それが全体として一つの物事を表すように構成されています。会話全体が、一人の語りのようにも解せる全体性をもっているワケです。つまり、ある出来事に関して、そこにいる全員が同じ認識を持ち、それについてそれぞれが一言づつ表現している…というような印象がします。同じ事を見た全員が、阿吽の呼吸で、それについて語っているという感じなのです。ここではピダハン全員に精霊がいて、お互いにそれが見えるように、全員が同じ認識をもち、同じようにそれを語る(同じように語れる)といった全体性があります。これがピダハンの共同性なのでしょう。もっとも抽象化が可能で自由である言語活動において、最も端的にその特徴ある共同性が表出してると考えることができます。一人の発言がそれぞれあるパートや部分として機能し、全体を構成していくようなコミュニケーション? 一人一人を要素とし、全員の語りで完成する物語。叙事詩の語り部としての一人ひとりがピダハンとしての個人であり、それがピダハンなのでしょう。

       -       -       -

ピダハンの研究者であるダニエル・エヴェレットが真っ先に興味をもったのが「交感的言語使用」がないことだといいます。「こんにちは」「さようなら」「ご機嫌いかが」「すみません」「どういたしまして」「ありがとう」といった人間関係を維持するための言葉で、普通は初対面の時から最も必要だと考えられるものでしょう。それがピダハンにはありません。理由は簡単で、このことが宣教師でもあるエヴェレットが棄教した大きな要因ではないかと思われるほどのものです。次の言葉を書き留めるときに宣教師エヴェレットは“始めに言葉ありき”とした自らの信仰の教えを超えるものを知ってしまったのではないでしょうか。


    後悔の気持ちや罪悪感を表すのは、言葉ではなく行動だ。

             (P23 ピダハン―「言語本能」を超える文化と世界観


       -       -       -

文明は、認識できないものを認識しようとする…というリニアな進歩をしてきました。ただしそれは進歩であっても解決にはならず、マテリアルな状況を変更すればOKと考えたかつての革命はそれほど意味がなかったこともいまや明らかです。

認識できないものを{(認識できないもの)として認識する}認識…のベキ上化 や、あるいはもっと日常にまでいきわたっている微分する一方だけの、ベイトソンのゼロ学習のようなあるいは定向進化的なデッドロックまっしぐらのビョーキ…は日常にありふれていますが。

文明が個人の存在それぞれに向かって何かが還元できると考えて展開してきたのと真反対の共同性がピダハンにはあるような気がします。

ピダハンが気にするのはリアルだけ。現実にどうするかという問題だけがピダハンの世界観なのではないでしょうか? 目前の現実、リアリティに敏感?なピダハンが気にするのは眼前の実際に目に見えるものだけです。彼らが気にするのは<現れるコト>と<消えるコト>の2つ。つまり自分たちの視界に入ってくることと視界からでていくことの2つなのです。可視化することと非可視化すること。

ピダハンは2次元を理解することができません。つまり写真や絵を読むことができないのです。ジャングルという生命そのもののような3次元空間で、そのリアリティに最適化されているピダハンには2次元は感覚外のことなのかもしれません。

言語と観念による壮大な構築物(上部構造=共同幻想)を環境世界とする日本人とは真逆に、現前に見えてくるものとの営みだけを暮らしの世界としてきたピダハン。幻想と現実を結びつけるものとして儀式が発達した日本では、それそのものがワビサビに至るほどの自然的変遷を経ていますが、ピダハンにはその儀式もありません。現実を抽象化あるいは象徴化して保存したり伝搬する必要性をピダハンは感じていないのでしょう。必要なのはリアル=現実の解だからです。しかし、これこそが今の日本でも世界でもあらゆる先進国で必要となってきていることではないでしょうか…。


  ピダハンと暮らしはじめた初期のころ、わたしも不思議に思ったが、
  儀式というものにおよそ欠けているのである。
  儀式らしき行動を見ることのできる場面もあるが、
  明らかに儀式と呼べる事例は見つけられない。

             (P117 ピダハン―「言語本能」を超える文化と世界観


       -       -       -

           
ピダハン―― 「言語本能」を超える文化と世界観

翻訳:屋代 通子
参考価格:¥3,570
価格:¥3,570

   
           
共同幻想論 (角川文庫ソフィア)

著:吉本 隆明
参考価格:¥620
価格:¥620

   


「空白」と精霊とピダハンの言葉と

規範に引き寄せられた言語、さえずるピダハン族

鳥のように鳴いてコミュニケーションする少数民族ピダハン

 既成概念を遥かに超越。謎の言語を操るアマゾンの少数民族(NAVERまとめ )

« 心的現象論序説でみた<自己表出>と<指示表出> | トップページ | “心の原書”?は最も難解といわれる本…『心的現象論序説』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24896/57933375

この記事へのトラックバック一覧です: ピダハン、全員でつくる言葉と行動でつくる関係?:

« 心的現象論序説でみた<自己表出>と<指示表出> | トップページ | “心の原書”?は最も難解といわれる本…『心的現象論序説』 »

にほんブログ村

ネタ本 アザーコア

オススメ DOYO